2011年08月23日

カジカジH(ヘア)の威力とは?


久々の投稿になり、申し訳ございません。

最近はFacebookにはまり込み、ついついブログのことを

ないがしろにしていました。



さて、今日の話題はまたまた『カジカジH』です!

この雑誌の11月発売号の募集が開始しましたので、一言!

カジカジH38表紙.jpg

何回も話題に上っているヘアファッション誌ですから、

このブログを見ていただいていて、知らない方はいない

と思います。また、ある程度その効果を理解できている

人はたくさんいます。



しかし、その威力たるやもっと奥が深いのをご存知ですか?

最近、東京に行く機会が増えているのですが、東京のトップ

サロン様がこの雑誌を非常に注目しているのです。

ご存知のように東京の青山、原宿の美容室は、毎日のように

ヘアスタイルの取材が入ります。但しそのほとんどがきれい

な今風のお姉さん風ヘアスタイルです。それもそのはず、一

番需要が多いのですから・・・。

また、特定のサロンにはそれ以外に業界誌というものの作品

づくりといった芸術的な作風の依頼がきます。これで、外は

歩けないというスタイル(メイク)です。



そして、これらの中間的なものが『カジカジH』なのです。


この東京のサロン様は、この中間のヘアスタイルをやってみ

たいのです。やれる機会がないのです。だから注目するのです。


決して男に媚びず、自分らしい個性を発揮するヘアスタイル

の発信!これがカジカジHのコンセプトです。


日本全国見渡してもこんな雑誌は皆無です。

そしてカジュアル好きの女性にはたいへん受けが良いのです。

職種でイメージすると、まさに『美容師』『ミュージシャン』

『ファンション関係者』『専門学生』等です。



私は何回も繰り返して言っていますが、集客が目的なら『カ

ジカジH』は、掲載されない方が良いと思います。

求人やブランディングで力を発揮するというコンセプトはこ

のような背景から生まれています。

これがガーリー風のヘアカタログなら、全然ターゲットが変

わってきます。


話を元に戻しますが、東京のサロンが注目しているのは、何

もスタイルを作ってみたいということだけではありません。

そうです!西日本におけるブランディングなのです。

最近の動向として、東京のサロンが、各地域に支店を出すと

いうケースがどんどん増えていっています。


そして、解っているサロンだけが、生き残っていくのです。

大阪、神戸、京都もそのターゲットに入っています。

益々熾烈になってくる美容業界で生き残るためには、絶対

はずせない一冊と言えます!



もう何回も言わなくても解っているって?

そうですよね皆さん!











posted by M1PO  at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
美容業界専門の広告プランニング会社潟Gム・ワン プランニングオフィスの社員のBlogです。
日々のサロンブランディング活動の日記を綴っています。
http://www.m1po.com

M1POオフィシャルブログ 大阪 美容業界専門広告プランニング会社 〜サロンブランディングを通じてオンリーワンの価値を創造する会社〜

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。