2012年08月14日

美容室のブランディングは雑誌広告が最適!でもこれが落とし穴!

昨日のブログで、美容室は『発信』が大事だということを言いました。

しかも、ブランディングするための『発信』です。

やみくもな『発信』は逆効果になるということですね。

ブランディングに最適な『雑誌広告』が注目されていますが、これも

いい加減なスタイルやモデルを起用して、掲載すると逆効果になると

いうことです。

イケていない、カット悪い広告の発信は絶対にしないでください。

お金を払って、自店のイメージを落とすことになりかねません。

では、そうならないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

それは『撮影』をすることです!

スタイル撮影は、スタイリストのセンスを磨くためには抜群です。

当初はモデル選定から最悪だったのに、やり続けていると、どん

どん良くなって行くのです。これはスタイル作りにも正比例します。

弊社のクライアント様は今郊外型のサロン様がほとんどです。

皆さん、その辺りを気付いてきて、田舎と言われるサロン様がすば

らしいスタイルを作り上げ出してきています。

都会だからとか郊外だからとか田舎だからとか益々垣根がなくなって

きています。

これを続けて行くとお客様はもとより人材(スタッフ)も集まって

くるようになります。

早くこのことに気付いてください!雑誌広告はスタイルがある程度

出来上がってくると、一番最適なブランディングになるのです!



posted by M1PO  at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/286578435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
美容業界専門の広告プランニング会社潟Gム・ワン プランニングオフィスの社員のBlogです。
日々のサロンブランディング活動の日記を綴っています。
http://www.m1po.com

M1POオフィシャルブログ 大阪 美容業界専門広告プランニング会社 〜サロンブランディングを通じてオンリーワンの価値を創造する会社〜

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。