2013年07月12日

今、美容室が予算をかけずに集客できる一番の方法

暑い暑い夏がやってきましたね!

7月でこれなら8月はもっと暑いのでしょう!

去年も一昨年も同じ経験をしているのに、忘れるものですね。

この感覚っていうもの。

特に日本の夏は湿気が多いので、ジメジメしてませんか?

なんとか、この2〜3ヶ月の間を乗り越えましょう!


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


美容室のブランディングを実現する会社 | エムワンプランニングオフィスです。



さて、表題の件お解りでしょうか?

あなたのお店は、やっていますか?

実は前回もお話ししましたが、

答えは「ブログ」です!

今流行のtwitterでもFacebookでもLINEでもありません。

あくまでもブログです。

ただし、単にブログをやっているだけでは、意味がありません。

内容を吟味して、効果的なブログを最初から作る必要があります。

効果の無いブログは、時間を費やすだけで、お客様は増えません。

私が見たところ、ほとんどの美容室がこういった効果の無いブログ

を書いています。



ここで、ひとつ大事なポイントをあげます。

このブログをあなたの理想とするお客様1名

に絞って考えてください。

あなたの理想とするお客様1名です。

これだったらイメージできますよね?

これで、下記のことを考えて、より親切なブログを

作り上げてください。




●あなたの理想とするお客様は何を見たいのですか?

●あなたの理想とするお客様は何を知りたいですか?

●あなたの理想とするお客様は何で行動しますか?





ところで、一番肝心な事ですが、美容室って何をするところですか?

これがわかっていないお店が多すぎると思います。

あなたは、芸能人でもスポーツ選手でもありません。

だれもあなたの食事を見たいと思っていません。


ブログは「お店を広く皆に知ってもらうために書く」


という大前提を忘れないでください。

ではまたパー
posted by M1PO  at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

美容室のブログを活用して、トップサロンのような集客を可能にする方法

オシャレなショーウインドウの中は、素敵な女性のお客様で

賑わっている店内。

オシャレなスタッフが多くのきらめく女性達と楽しそうに会

話を続けています。

それはそれはまるで舞台で演じる女優、男優のようにお客様

にヘアの演出からケアまでを提案しています。

広い店内には、ネイルやアイラッシュのコーナーもあり、

様々なお客様が笑顔で過ごしています。

レセプションからお見送りまで、なんて素敵な時間を過ごせ

たのでしょう。

お客様は大満足、スタッフは達成感でいっぱいという至福の

時を過ごせる。最高の環境の中で、最高のお仕事ができる。

こんな理想的なお店を現実のモノにしてみませんか?



もしあなたのお店が、上記のような都市圏の有名なお店

のように集客できるとしたら、その方法をあなたは知り

たいですか?
(しかもあのクーポン雑誌やポータルサイ

トを頼らずに)



知りたい方はこの後もぜひお読みください。



あなたは、あのクーポン雑誌に今いくらつぎ込んでいるの

ですか?

これからも値上がりを続ける広告に対して、半永久的にペ

イし続けるつもりですか?



もうそろそろ目を覚まして、自らの施策をしていきませんか?



実は、その方法が「ブログ」なのです。



今更何を言ってるんだと思っているあなた、そこが落とし

穴なのです。

今、ブログの本当に正しい使い方をされているお店が皆無

に近いというのが現実なのです。

ただ単に日記を書いている人の多い事多い事。

芸能人が今日食べたものを取り上げるのは、その人に興味

があるから有効なので、一般人のあなたの夕食を誰が見た

いのですか?


美容室のブログはお客様のためになる美容の技術、商品、

お客様の変化、ケアの仕方、再現性の仕方、アレンジの仕

方、雑誌に載ったよ!記事、賞を取ったよ!記事等まだま

だ色々ありますが、こういったことを掲載していき、好感

を得ていただき、他サロンとは違う発信情報の豊富さを売

りにしてほしいのです。→いわゆるファン化のすすめです。


また、タイトルを意識して設定し、キーワードも毎回入れ

込み、SEOを意識したブログ作りをしていくことも非常に

大切なことなのです。


もっと言えば、カスタマイズも必ずしてほしいのです。

もしかしてこれはホームページ?と思われるくらいのブロ

グは最高の効果をもたらします。



そして、ブログを上位表示させることがHPの検索のアップ

にもつながるのです。(詳細はここでは書ききれません)



ブログのFacebookやtwitterとの連動も意識できれば、も

っと相乗効果は上がりますが、まずはブログに力を入れて、

検索キーワードで上位表示を狙いましょう!



きっと、あなたの思い描く理想のサロンに近づくこと、

間違いなしです!

すでに気がついているサロンは先を越して結果を出して

いますよ!



郊外のサロン様には特にやってほしい戦略です。



もしこの先がもっと聞きたいという研究熱心なあなたはぜひ下記までご連絡を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
yasaka@m1po.com(リンクではありませんのであしからず)


↓これを見てください↓


美容室 雑誌広告 Google .jpg


★Googleで検索したキーワード「美容室 雑誌広告」のトップ表示画面です。
1位表示は弊社M1POのホームページですが、2位にM1POブログの記事がきて
います。一時期は1位でした。

このブログがエムワンのホームページを押し上げてくれました
これはほんの一例ですよ。
タグ:広告 Nuugy 撮影現場 地域一番店 カジカジH、雑誌広告、ブランディング、撮影、美容室広告 求人 美容室 求人 カジカジH 関西ガールズスタイル [関西 girl's style exp. vol39] カジカジヘア ヘアカジ メディア戦略 美容学生から「働くなら絶対あの店!!」と言われる美容室経営 八坂昌明著書 取材 MYベストヘアカタログ 美容室の売り 雑誌広告 美容室経営 美容業界 美容室 出版求人地域一番店カジカジH、雑誌広告、ブランディング、撮影、美容室広告美容室 求人カジカジH関西ガールズスタイル [関西 girl' 地域一番店 カジカジH、雑誌広告、ブランディング、撮影、美容室広告 求人 美容室 求人 カジカジH 関西ガールズスタイル [関西 girl's style exp. vol39] カジカジヘア ヘアカジ メディア戦略 美容学生から「働くなら絶対あの店!!」と言われる美容室経営 八坂昌明著書 取材 MYベストヘアカタログ 美容室の売り 雑誌広告 美容室経営 美容業界 美容室 出版 求人 地域一番店 カジカジH、雑誌広告、ブランディング、撮影、美容室広告 美容室 求人 ヘアカジ カジカジH 関西ガールズスタイル [関西 girl's style exp. vol39] カジカジヘア メディア戦略 取材 美容学生から「働くなら絶対あの店!!」と言われる美容室経営 八坂昌明著書
posted by M1PO  at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

雑誌広告の秘密とは?

少し暖かくなって来て、春の予感を感じる今日この頃です。

この季節のように安倍政権に変わり、我が国も何か景気が

良くなっているように感じるのは、気のせいでしょうか?

いや、決して気のせいにしてはいけません。これから皆で

景気を上向きに変えて行こうではありませんか(^^)


さて、今回はこれからの美容室の戦略の中でなくてはなら

ない雑誌広告の秘密をお伝えしたいと思います。


私の著書「働くなら絶対あの店と言われる美容室経営」

の中でも、頻繁に取り上げましたが、雑誌というものを

利用すると美容室は非常にブランディングしやすいのです。

というより、雑誌を使わないとブランディングできないと

言っても過言ではないのです。クーポン誌やチラシや地元

だけの冊子ではブランディングは不可能なのです。

また、小さな美容室がTVに取り上げられる訳も無く、他店

と全く違った取り組みをしたとしてもそんなに大きくは報道

されません。

雑誌はそんな中、定期的に刊行され、ターゲット(お客様や

求人対象の美容学生)の目に留まりやすいのです。

そして、今やこの業界が大問題に直面している『求人難』

に対応していくためには、お店の名前を全国規模で覚えても

らう必要があるのです。(地元にUターンさせることも含め)


ある程度理解していただいているサロン様は多いのですが、

まだまだ現実問題と受け取っていただいてないサロン様が

それ以上に多すぎます。

お客様を受け入れる前に、働き手がいなくなるという危機を

打破しないと本末転倒ではないのでしょうか?

まして、この業界は簡単に独立できてしまうのです。

ぜひ、暖かくなって来た今、考えを新たに戦略を立ててみませんか?


下記に弊社がオススメする雑誌の利点や秘密を列記いたしました。

弊社は発行部数が少ないとか売れていないとか効果がないものは

サロン様には絶対にオススメしていません。

必ずや貴店のためになるものと確信しています。ぜひご参考にして

いただき、今後の経営戦略に役立ててください!



カジカジH(ヘア)

写真 1.JPG


弊社M1POが創刊号から企画参画してできた、全国でも類を見ない

ヘアファッション誌。ストリートカジュアルがテーマの関西誌である。

発売当初は若者層の新規客獲得ツールとして、こぞって美容室が広告

に参加し、今の○ットペッパ○のような存在であったが、時代とともに

効果は薄れていった。

しかし、ここ数年の求人難による求人効果が注目され、再び脚光を浴

びる雑誌として成長。

現在40号を超え(年3回発行)14年目を迎えている。

今後益々問題視される「求人難」に「ブランディング」を推進できる

手段として関西はもとより最近は東海、関東のサロンからも大きく注

目されている
雑誌である。


年3回発行(3月、7月、11月) 
1ページ純広告料 ¥400,000(税抜定価)※年間契約20%割引あり
1/3ページ広告料 ¥135,000(税抜定価)



関西gilrls style

写真 4.JPG


関西のおしゃれ好き女の子のためのファッション誌。

関西誌としては異例の発行部数を誇る。

現在40号を超え(年4回発行)11年目を迎えている。

ファッションとともにヘア情報が掲載され、サロンにおける費用対

効果は大。とにかくかわいい女の子目線の雑誌ゆえに、共感する読

者層の支持は高い。美容室の掲載数も年々増加傾向を辿っているの

もうなづける。集客もある程度望め、求人につながるブランド力も

高められる貴重な存在。


年4回発行(3月、6月、9月、11月) 
1ページタイアップ広告料 ¥300,000(税抜定価)※年間契約10%割引あり
1/2タイアップ広告料 ¥180,000(税抜定価)※年間契約10%割引あり
1/4タイアップ広告料 ¥100,000(税抜定価)※年間契約10%割引あり
★上記広告はすべて大阪のスタジオでの撮影付




Myベストヘア

写真 3.JPG

弊社M1POが発売当初からお手伝いさせていただいている、全国誌

宝島社発行のコンサバヘアカタログ季刊誌。Sweet別冊。

全国の美容室に置かれている雑誌の中で間違いなく一番を誇る。

他社媒体によくある年間で撮り置いた写真は一切なく、毎回旬の

ヘアスタイルをすべて撮影して掲載しているから鮮度抜群。

広告としては、東京と大阪で撮影しているため、どちらかに来て

いただけると撮影ができ、誌面に掲載できる。

全国誌でこの価格で掲載できる有名雑誌は他では見当たらない。

「ブランディング」という見地からは抜群の費用対効果を産み出す

オススメ雑誌。


年4回発行(1月、4月、7月、10月) 
1/3ページタイアップ広告料 ¥200,000(税抜定価)
※年間契約10%割引あり。編集部の意向によりページがジャンプアップする企画
★上記広告はすべて東京、大阪のスタジオでの撮影付



Nuugy

写真 2.JPG

弊社M1POがカタログの広告ページを任されている髪書房の一般誌。

益々勢いを増している髪書房に今後注目。髪書房は業界誌だが、

Nuugyのみを今年の2月から一般誌化
し、広く一般女性にアピール。

とにかく、洗練された高感度な創りはヘアカタログだけでは語れ

ない逸品。多くの大人の女性ファンを捉えること間違いなし。

今、この雑誌に掲載したいというサロンが後を絶たず、使えるヘア

カタログ
として重宝されている。


年4回発行(2月、5月、8月、11月) 
1/3ページタイアップ広告料 ¥270,000(税抜定価)
※年間2回で10%、年間4回で20%割引あり。編集部の意向によりページがジャンプアップする企画
★上記広告はすべて東京、大阪のスタジオでの撮影付








posted by M1PO  at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

Nuugyはブランディングには最適!

遂に、皆様待望の『Nuugy一般誌デビュー号』(2/12)が発売になりました!

写真 1.JPG

ご存じない方もおられるので、ここで再度説明をさせていただきます。
Nuugyは髪書房より約1年半前から業界誌として発売されていました。
当初から、高感度なヘアカタログだと非常に高い評価を受けていました。
そして、満を持して、今年の2月発売号から季刊誌(2月、5月、8月、
11月)の一般誌として再デビューを計ったのです。
一般誌ですから当然全国の本屋さんで普通の雑誌と同じように並びます。
なんと、11万部という発行部数を躊躇無く出しました。
異例中の異例な媒体なのです。

今回このNuugyが一般誌に変貌するにあたり、東京のサロン様のみの
構成から、全国のサロン様にも掲載いただこうと、まずは関西地区で
広告を募集しました。
第1号にもかかわらず、多くのサロン様からお問い合わせを頂戴し、
遠くは四国の愛媛のサロン様まで、大阪での撮影に参加されました。

ではなぜ、雑誌が集客効果がないと言われるこの現状の中で、この
ようなサロン様が掲載されるのでしょうか?皆様決して大きな予算の
使えるサロン様ばかりではありません。むしろその逆で、小さなサロン
様が手を挙げてくださるのです。

要は『ブランディング』なのです。
これは求人にも集客にも必ず繋がるのです。

ここに掲載されているサロンは『イケている』という感覚なのです。

全国誌ってどうよ?なんて言っていると、この求人難にどっぷりと
つかってしまう多くのサロン様と同じ結果になってしまいます。

今回掲載されているサロン様は、すばらしく感度が高く先見性がある
のです。でもたった数件なのです。

貴店も是非その0.001%のサロン様の仲間入りをしてください。

写真.JPG

写真[1].JPG

写真は1/3ページの掲載料で、モデル&スタイルの良さで、1ページを
獲得したcimeさん、Bouclettesさんのすばらしいカタログページです。
東京のサロン様と肩を並べての1ページ展開は凄いの一言です。

2月号発売と同時に、5月発売号の募集が始まりました。
このカタログページのご用命は髪書房正規代理店のM1POまで今すぐ
お問い合わせください。

salon@m1po.com

※今は東京と大阪で、同じカメラマンでスタジオ撮影を実施しています。
 次回の大阪の撮影は3月18日(月)です。これはM1PO仕切りです(^^)
 お早めにお申し込みを!
posted by M1PO  at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

来年は貴店も取材サロン(ブランドサロン)を目指しましょう!

寒さが厳しくなり、冬本番という感じになってきた今日この頃です。

美容室は、年末ということもあり、これから益々忙しくなっていきますね。

ただ、そうは言っても来年の計画もそろそろ立てていかないといけないで

すよね。

特に今後の課題としては、益々求人難が予想されますので、そこに経費をか

けるサロン様も多いのではないでしょうか。

やはり、最近の傾向としてはこの少子化で、美容師になる子供がどんどん少

なくなってきています。

しかも美容学校を卒業しても美容師にならずに別の仕事に就く生徒も多く、

また就職してもその半数はドロップアウトするとのこと。

この傾向は益々深刻化していくと予想されています。

このような世の中で、美容室を何店舗か経営されているお店は非常に厳しい

現実にさらされているわけです。


が、そこで、ちょっと考えてほしいのです。

ただ単に、求人広告を掲載することや、求人イベントに参加することに経費

をかけることは避けてほしいのです。

ブランドサロンと貴店との差を感じてほしいのです。

同じ料金を払っても効果は倍、いや3倍〜5倍くらいは違うでしょう。

「しかたないよ。うちは有名じゃないから・・・。」

という言葉を毎年毎年繰り返すのですか?

上記の効果の差を半分にすることに、来年は力を入れてみませんか?

そして再来年には、更に半分に・・・という具合に。


そろそろ本気で取材サロンを目指しませんか?


弊社の力 http://bit.ly/U1SqAa を是非来年は利用してください。


本気のサロンには本気で応えます!


本気のサロン求む!!!










posted by M1PO  at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

あなたの美容室のUSPは何ですか?

今、USP(ユニーク・セリング・プロポジション)という
キーワードで、色々なことを考えています。

USPとは、自社(自製品)のみが持つ独特の強みのこと。
ユニークで顧客に対して売り込みが効く主張、提案がUSP
であり、他社との差別化が主張できる強みのことなんです。

マーケティングにおいても、ブランド構築においてもUSP
を持つことは極めて重要とされ、マーケティング戦略の立
案にあたっては、USPすなわち他社には無い独特の提案を
見つけることが重要とされています。

果たしてあなたのお店のUSPは?と聞かれて、「これです」
とハッキリ答えられますか?

今後少子化が進み、益々求人難になっていき、お客様も
どんどん高齢化していく中で、美容室が生き残るためには、
まさしくこのUSPが必要なのです。

こんな時代になってくると、お客様の目は肥えてきて、
新規がどんどん減ってきているのが、現状です。
かの有名なクーポンマガジンもここに来てかなり薄くなっ
てきましたね。
効果が落ちているのが一目瞭然です。

ただ、USPがあれば、他店が値引き合戦を繰り広げていて
も、涼しい顔で客単価を上げることさえできるのです。

「そんなのわかっているよ。でもうちはスタイルがうまい
のが売り(USP)だから・・・。」なんてまだ思ってませ
んか?

そんなの当たり前です。
お客様はまずはそれが得られるために訪問してくれるのです。
また、接客が非常に大切なことも散々言われてきています。
これは必要最低限です。

それにUSPはいくらあっても良いのです。
プラス材料が増えるということですね。
独自の売りが2個、3個あればすごいことですよね。
どこにも負けませんね。


こういうことを考え出してると、不思議なもので色々な
ところから、そういった情報が弊社には集まってきました。
まだ、公表できる段階ではありませんが、
非常に面白いモノやシステムです。

M1POでは皆様のサロンにお役に立てるモノをどんどん
取り入れていき、これからご紹介していきたいと思っています。

来年は、美容室USP創作元年と名付けます。


posted by M1PO  at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

サロンの売りとは?シリーズ1

大阪のあるサロンへ訪問しました!

こちらのサロンの売りを紹介します。

それはなんと『シャンプー』なのです。

というと皆さん、技術だけの違いと思う

でしょうが、五感を刺激するものなのです。

まずシャンプーブースに入った瞬間に、

ここは何と思うくらいの別空間!

まるで森林なのです。そうです森林浴です。

草花の臭いとアロマの臭いで、非常に

心地よい雰囲気なのです。

また、ここのシャンプー台に横たわると

天井にはLED照明で、草花の影から見え隠れ

する木漏れ日の演出をされていてこれもまた、

心地よいのです。

それにプラスしてシャンプーのテクニック!

(これは秘密です)

オーナーにお聞きすると、このシャンプー

を導入することで、失客がほとんどなくなった

とのこと。大阪の郊外のお店ですが、予約で

いつも満員です。

さらに、シャンプーは来店されたほとんどの

お客様が施術されるので、一番違いが解るもの

とおっしゃられます。(納得ですね)

美容室の売りは考え出せば、色んなところに

転がっているものですね。

単にシャンプーといえど、すばらしい特化された

メニューに変身するのです。

すべてのサロン様にできることではありませんが

貴店もサロンの売りをもっと考えてみませんか?

非常に参考になりますので、一度サロン見学を

されてみてはいかがでしょうか?

JOYBOXシャンプー1.jpg

JOYBOXシャンプー2.jpg



posted by M1PO  at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

美容室のブランディングは雑誌広告が最適!でもこれが落とし穴!

昨日のブログで、美容室は『発信』が大事だということを言いました。

しかも、ブランディングするための『発信』です。

やみくもな『発信』は逆効果になるということですね。

ブランディングに最適な『雑誌広告』が注目されていますが、これも

いい加減なスタイルやモデルを起用して、掲載すると逆効果になると

いうことです。

イケていない、カット悪い広告の発信は絶対にしないでください。

お金を払って、自店のイメージを落とすことになりかねません。

では、そうならないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

それは『撮影』をすることです!

スタイル撮影は、スタイリストのセンスを磨くためには抜群です。

当初はモデル選定から最悪だったのに、やり続けていると、どん

どん良くなって行くのです。これはスタイル作りにも正比例します。

弊社のクライアント様は今郊外型のサロン様がほとんどです。

皆さん、その辺りを気付いてきて、田舎と言われるサロン様がすば

らしいスタイルを作り上げ出してきています。

都会だからとか郊外だからとか田舎だからとか益々垣根がなくなって

きています。

これを続けて行くとお客様はもとより人材(スタッフ)も集まって

くるようになります。

早くこのことに気付いてください!雑誌広告はスタイルがある程度

出来上がってくると、一番最適なブランディングになるのです!



posted by M1PO  at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

今後の美容室経営にとって『発信』が命となる!

『発信型』美容室という言葉が普通になってきました。

本来美容室は、お客様がやってくるのを待つお仕事。

しかし、今の世の中そんなことで甘んじていたら、どん

どん客数が減っていきます。少子化も相まって、スタッフ

も集まってくれません。

だからと言って、ヤミクモにチラシを巻いたり、クーポン

誌に載せたりするのが『発信』ではありません。

『発信』とは、解りやすく言うと

ブランディングに基づいた貴店のイメージを上げること

なのです。

ポスターやリーフレット、雑誌広告、ホームページ、ネット

広告等すべて一貫したイメージの連動が必要なのです。

チープ(値引き等)で、格好悪い広告や宣伝は決して『発信』

してはいけないのです。

お客様の目はどんどん肥えていっています。これだけメディア

が進んで行っているのに、旧態依然の戦略で勝てる訳がありません。


●お客様より一歩前に出た提案ができていますか?

●雑誌からの受け売りですべて対応していませんか?

●貴店の特徴は何ですか?

●貴店の希少価値はありますか?


これらに応えられてない美容室は今後益々衰退して行きます。

今だけを見つめるのではなく、今後の5年から10年先を見て

今考えて、すぐに手を打って下さい。必ずや1年後には結果

となって現れてきます。


Nuggy表紙12_07.jpg 

ブランディングに最適な雑誌Nuugy!来年2月発売号から一般誌へ!

posted by M1PO  at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

プロと言われるお仕事!

先日、大阪堀江のバウヒュッテというスタジオで、商品パンフ作成
のための撮影を実施しました。

バウヒュッテ三井撮影.jpg


普段のサロン様撮影とは違い、すべてプロと呼ばれる方々をブッキ
ングして、かなり大掛かりな撮影になりました。

カメラマンはもちろんのことスタイリスト、ヘアメイク、ライター、
グラフィックデザイナー、モデル等すべてをプロを起用しました。

モデル4名で8体(スタイルチェンジ含む)を撮るのと、メイン写真
を2カット2モデルでの撮影でした。

予定は9時から18時でしたが、もしかすると20時位まではと覚悟を
してましたが、なんと16時にはほとんど終了でした。

サロン様の撮影ではあり得ないことです。
時間がおすことはあってもあまることはまずありません。

では、どこが違うのか?それは明らかに事前準備とプロ意識の差です。
事前にイメージしてきたものを現場でどう再現できるかだけなのです。
しかも短時間で・・・。要するに習うより慣れろです!

プロは何百、何千、何万回事前に経験してきているのです。失敗も
数多くこなしてきているのです。だから、失敗は出来ないのです。

今回のように本当にうまくいくこともあれば、アクシデントも当然
あります。しかしそれらの対処法も経験ですぐにクリアできるのです。

改めてプロの仕事というものを目の当たりにして、サロン様への提案
のレベルももっと上げる必要性を感じさせられました。

お疲れさまでした、そしてありがとうプロの皆様・・・・!

posted by M1PO  at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

自分刺が完成!

M1PO八坂の自分刺がようやく完成しました。

自分刺とは、名刺大の2つ折マガジンのこと。

パーソナルの情報を詰め込み、自分はこういう

人間であるということをアピールする冊子。

名刺だけでは伝えきれない自分の想いも文章化

でき、渡すと絶対に捨てられない優れものです。


自分刺.jpg


パーソナルを売りにする職業の方には、相性抜群。

特にこの美容業界は自分を売り込む絶好のアイテム。

今後はこの形式が増えること間違いなしです。

でもプロに作ってもらわないと、本当にカッコ悪く

逆効果になる場合もあるので、要注意です!

雑誌広告をお店が出すケースと似てますよね。

要するにセンスあるものを発信しないといけない

ということです。デザインの文字の選び方や白場

の空け方、写真構図の撮り方等間違えばとんでも

ないことになります。マックで簡単に作れるなん

て考えないで下さいね。


私はこれを『美容刺』と名付けたいと思います!


posted by M1PO  at 20:10| Comment(1) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

M1POサロンセミナー新春第1弾開催!

M1POサロンセミナー新春第1弾を開催いたします!
お席に限りがありますので、お早めにお申し込み下さい!


八坂講師3.jpg


<サロンブランディング×顧客戦略セミナー>

講師:M1PO 八坂昌明 × next company 増成崇
日時:2月20日(月)13:00〜16:30
会場:hda大阪教育センター
   尼崎市昭和通3-90-1 尼崎KRビル5F(阪神尼崎駅徒歩1分)
   tel.06-4869-7320
料金:5,000円

今回は私M1PO八坂昌明と某ブランディングサロンを急成長させた

next companyの増成崇が組んだ夢のコラボセミナーです。

この2つが組合されば、恐いものなしです。

これからの美容室経営に欠かせない戦略をぜひ生の声でお聞き下さい。

但し、席に限りがあるため、1サロン2名様までです。

また今回はより多くの美容室経営者様にお聞きいただきたいので、

美容師の方限定企画とさせていただきます。


増成崇 プロフィール
1971年生まれ。京都府福知山高校(商業科)卒業後、製薬会社、

アパレル業、バーテンダー等を経て24才の時、美容業に転職。

入店3年目にして店長に就任。わずか14坪で月間800万の売上

実績を叩き出し、当時まだ無名だったサロンをゲリラ的に急成長

させた。その後,心理学・経営学を学びいち早く美容業界にITを

導入。独自の顧客管理システムを確立させる。

広報マーケティング・ブランディングを専門とし、手掛けたホーム

ページが脅威のアクセス数を誇るとして業界誌にも掲載された。

現在独立し、next company.を設立。


※お申し込みはM1POへ直接お電話にて電話1(プッシュホン)06-6536-1665、または
メール salon@m1po.com にてお願いいたします。






posted by M1PO  at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

M1×BRANDING

八坂さん2.jpg

新年明けましておめでとうございます!

今年も皆様にとってさらに良い年でありますように

心よりお祈り申し上げます。


さて、2012年のM1は「M1×BRANDING」という

大テーマを掲げました。


サロン様のブランディング構築を通して、皆様の

お役に立てるよう今年も精進して参ります。

何卒ご愛顧の程お願い申し上げます。


昨年、書籍を出版し、ブランディングの必要性を

強調して参りましたが、数々のサロン様から賛同

の言葉を頂戴し、非常に嬉しく思っております。

遠くは北海道から沖縄のサロン様まで、本当に

有り難いことです。まさに本という媒体は凄いと

いうことを私も実感しました。

弊社もサロン様同様にブランディングを実践しています。

業種は違えど、これをせずには今後生き残っては

いけないのです。どんな会社も同じなのです。


今はさらに状況はスピードアップしています。

撮影から雑誌へと展開していけば、万全であった

サロンブランディングもホームページやブログ、

Facebook等を駆使しないともはや立ち後れ出して

きています。

いますぐこれらの対策を立てないと本当に経営が

難しくなってきます。

数パーセントの勝ち組のサロンを目指すために

ぜひ今年はさらなるブランディング強化を推進して

ください。



posted by M1PO  at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

ブランディングセミナー開催しました!

11月7日(月)に、TM会(トピー商事さんとミルボンさんの会)で、

ブランディングセミナーを実施しました。(ミルボン大阪オフィスで)

『美容室はどうしたらブランディングできるのか?』というテーマで、

1時間半の内容でした。

八坂講師3.jpg

TM会集合写真.jpg


『美容学生』がキーワードで、求人と新規客獲得の2つを叶える戦略

の基本的な流れを説明させて頂きました。


この場で、ご説明するには、何ページも要するので、割愛させていた

だきますが、基本的には著書に書いてある通りのことです。


ただ、時代は流れています。本に書いてある内容が基本にはなります

が、もっともっと奥深い戦略が必要になってきています。


Facebookがどんどん浸食してきています。ソーシャルメディアの勢い

は異常な程進化を続けてきています。これらに瞬時に対応して行くこと

が今後の美容室においては必要不可欠なことになってきます。


ですから、今のうちに基本的なことはマスターしておいて、変化にすぐ

対応できる準備が必要なのです。基本はあくまでも美容室の本質です。

『人が髪をデザインすること』です。これ以外にありません。


それを撮影して、アピールするのです!それも色んなメディアで・・・

雑誌に載ったら、それをブログで、ツイッターで、FBでという具合です。

どこで、お客様が見ているか、美容学生が見ているか解りません。

その友達が見てるか、親、兄弟が見ているか解りません。

口コミはどこから起こるか解りません。しかし、アピールしないと絶対

起こりえません。美容室は待っていてお客様が来るお店ではないことを

もっと自覚しましょう!








posted by M1PO  at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

感動しました!!

久しぶりに感動しました!


最近、美容業界の重鎮?!と呼ばれる方のお話を聞く機会が多く

その中で出てくる内容に共通点があるのを見いだしました。


それは、美容室の技術力の低下です。


かつては、新規のお客様が来られた場合、お客様も豊富にいて、

先生方が他のお客様に手を取られ、新人の手も借りなければいけ

ない時代で、スタイリストデビュー間もない新人は見よう見まね

で今自分ができる最大限の技術で、お客様をもてなしたものです。

しかし、最近の美容室は、ただでさえ少ない新規のお客様を逃し

てはこの先えらいことになると、ディレクタークラスがつきっき

りで施術をしないといけない。当然、デビュー仕立ての新人はリ

アルなお客様を出来る機会がどんどん遠のき、店が終わってから、

ウィッグをせっせと切り、あたかもうまくなったかのような錯覚

を覚えて満足する。この構図が、現代の美容室の技術の低下を生

んでいると・・・。


恐ろしい現実ですが、これを読んでいただいている貴店にも思い

当たる節があるのでは?


そこで今回ご紹介するのが、久しぶりに私が超感動した!!!!

『hda大阪教育センター』なのです。

何に感動したかと言えば、教育センターと言うが、ここが教育す

るのではないのです。簡単に言えば、「この場所とお客様モデル

と商材(大手13メーカー)を用意するので、どうぞ貴サロンで思

うように使って下さいというものなのです。


新人の子も毛染めや縮毛矯正等出来る範囲で、お客様モデルを使

えますし、上記に記したスタイリストデビューされたほやほやの

方には思う存分切っていただいていいのです。他にも使い方は様

々です。入会金と月会費(これが安すぎるのでは?と思いますが)

だけ支払えば、それ以外に費用はかかりません。またクレームに

対しては全てセンター側が対応するという、まさに凄い画期的な

システムなのです。


ある美容室オーナーは残業代を出して教育をする矛盾を解消でき

ると賛辞していただいたり、社会保険を完備されているオーナー

は、このシステムは研修という目的なので、助成金が降りるとい

うことで、実質昼間に抜けても良いので大助かりとすぐ入会!


まさに法改正がこの業界に悪循環になるように実施され、どんど

ん深刻化して行く美容室経営の救世主になると、確信したのです。


是非一度見学だけでも行ってみて下さい。

阪神尼崎徒歩1分にあります。


福井、石川、岡山といった遠方のサロンが入会されているという

現実がこのシステムの本当の良さを助長しています。



CIMG0409.JPG

CIMG0411.JPG

CIMG0413.JPG

CIMG0416.JPG

CIMG0417.JPG

CIMG0418.JPG



★写真以外の設備で、50坪の研修会場も併設しています。
 こちらは100人収容で、ドライヤーが一度に20個以上使用可です!
 もちろん、この会場も会員様はいつでも利用できます。


株式会社ヒューマンデザインアカデミー 
大阪教育センター 担当:小森
尼崎市昭和通3-90-1 尼崎KRビル5F
TEL.06-4869-7320







posted by M1PO  at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

カジカジH(ヘア)の威力とは?


久々の投稿になり、申し訳ございません。

最近はFacebookにはまり込み、ついついブログのことを

ないがしろにしていました。



さて、今日の話題はまたまた『カジカジH』です!

この雑誌の11月発売号の募集が開始しましたので、一言!

カジカジH38表紙.jpg

何回も話題に上っているヘアファッション誌ですから、

このブログを見ていただいていて、知らない方はいない

と思います。また、ある程度その効果を理解できている

人はたくさんいます。



しかし、その威力たるやもっと奥が深いのをご存知ですか?

最近、東京に行く機会が増えているのですが、東京のトップ

サロン様がこの雑誌を非常に注目しているのです。

ご存知のように東京の青山、原宿の美容室は、毎日のように

ヘアスタイルの取材が入ります。但しそのほとんどがきれい

な今風のお姉さん風ヘアスタイルです。それもそのはず、一

番需要が多いのですから・・・。

また、特定のサロンにはそれ以外に業界誌というものの作品

づくりといった芸術的な作風の依頼がきます。これで、外は

歩けないというスタイル(メイク)です。



そして、これらの中間的なものが『カジカジH』なのです。


この東京のサロン様は、この中間のヘアスタイルをやってみ

たいのです。やれる機会がないのです。だから注目するのです。


決して男に媚びず、自分らしい個性を発揮するヘアスタイル

の発信!これがカジカジHのコンセプトです。


日本全国見渡してもこんな雑誌は皆無です。

そしてカジュアル好きの女性にはたいへん受けが良いのです。

職種でイメージすると、まさに『美容師』『ミュージシャン』

『ファンション関係者』『専門学生』等です。



私は何回も繰り返して言っていますが、集客が目的なら『カ

ジカジH』は、掲載されない方が良いと思います。

求人やブランディングで力を発揮するというコンセプトはこ

のような背景から生まれています。

これがガーリー風のヘアカタログなら、全然ターゲットが変

わってきます。


話を元に戻しますが、東京のサロンが注目しているのは、何

もスタイルを作ってみたいということだけではありません。

そうです!西日本におけるブランディングなのです。

最近の動向として、東京のサロンが、各地域に支店を出すと

いうケースがどんどん増えていっています。


そして、解っているサロンだけが、生き残っていくのです。

大阪、神戸、京都もそのターゲットに入っています。

益々熾烈になってくる美容業界で生き残るためには、絶対

はずせない一冊と言えます!



もう何回も言わなくても解っているって?

そうですよね皆さん!











posted by M1PO  at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

口コミの偉大さ!

今回の内容もまたまた、八坂の書籍好評アピールから(笑)


本人も超驚いているので、書かせていただきます。

なんと、あの有名書店アセンス心斎橋店で、ビジネス書

ウイークリーランキング5位に入りました!

ビジネス書ですよ,ビジネス書!星の数程あるビジネス書

の中で、私の本が5位って・・・。ありえません・・・。

となりの6位にあの「ドラッカーのマネジメント」が・・?


アセンス5位八坂_.jpg

アセンス5位寄り_.jpg


お店の店長さんに聞いた所、「私も正直こんなに動くとは?

タイトルとデザインが良かったのでは?1日に1〜2冊くらい

動いています。学生さん風の方もお買い求めですよ。また、

この週間ランキングの棚に並ぶとまた動きますよ」とのこと。



大々的に広告を打つ訳でもなく(どこに打つかは?)まわりの

方々にお知らせした程度です。

確かにホームページ、このブログ、twitter、Facebookでは、

かなり連動してお知らせをしました。

でもやったことはかなりしれています。単純なことです。



口コミが偉大であったことは言うまでもない事実です。

小さな事例ですが、皆様の今後の戦略に参考になればと

思い、掲載させていただきました。



口コミを呼ぶ戦略!が貴店にできないか?をよく考えて

みてください!きっと何かが見つかるはずです!




posted by M1PO  at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

美容室がブランドサロンになるには?

先日から皆様にお知らせしている、M1PO八坂初の著書

「美容学生から「働くなら絶対あの店!!」と言われる美容室経営」が

7月14日未明、アマゾンのアパレル・ファッション部門というジャンルで

第2位を獲得しました!


本アマゾン2位.jpg
 アパレル・ファッション部門 第2位


この場を借りてお礼申し上げます。

このブログやH.P、ツイッター、Facebookでお知らせしているだけなの

で、当面は認知されないだろうと思っていました。

ところが、まだ発売されて3週間も経たずにこの結果になっています。

誤解しないでいただきたいのは、これを自慢したいがために私はブログを

書いているのではありません。

皆様にこのソーシャルメディアやネットメディアの影響力を理解して

もらいたいからなのです。


今回のタイトルにも書きました(当然本にも書いてあります)が、

ブランドサロンになるためには、認知されなければならないのです。

当然、一般のお客様に認知される必要があるのです。

こういったあらゆるメディアをうまく連動して、どんどん貴店を

アピールしてほしいのです。


また多種様々な誌面メディアやインターネットメディアが散乱して、

皆さん選ぶのに困惑していますよね。

しかし、ここで私が言えることは『ブランド』としてふさわしいか

どうかということを考えて選んでほしいのです。

それが選択の重要なポイントです。


これに掲載されるとカッコ良くないと思えるものには、掲載しない

でください!反対にこれはイメージが良いと思えるモノには積極的

に掲載するようにしてください。ブランド力向上のための一番大事

な肝です!




posted by M1PO  at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

カジカジH38号+ カジカジH38号+HQ11号発売!(7/11)

カジカジH38号とブックインブックHQの11号が7月11日に発売になります。

何度もこのブログで取り上げている関西唯一のヘアファッション誌と求人

情報小冊子です!

カジカジH38表紙.jpg カジカジH38

カジカジHQ11.jpg カジカジHQ vol.11


今回Hの表紙に取り上げられたのが京都のlibertaさん、HQも京都のカグヤ

ヒメさんのスタッフと両誌が京都のサロンでした。非常に珍しいケースです。

しかもどちらも弊社のクライアントさんです。おめでとうございました!



この1年間で益々求人難になっていることがひしひしと伝わってきている

サロンさんが増加しているのではないでしょうか?

新規のお客様も中々来てくれない世の中で、スタッフも思うように採用でき

ないこんな世の中になってきています。来年はもっと厳しくなります。


『ブランディング』というキーワードを貴サロンで見つめ直してください。

そして小さなことからでも良いので、変化をしていってください。

停滞からは何も生まれません。常に新しいことにチャレンジしていき、その

中から貴サロン独自のものを発信するように務めて下さい。









posted by M1PO  at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

ヘアナビのブログで取り上げられた美容師のための一冊

美容学生から「働くなら絶対あの店!!」と言われる美容室経営

がヘアナビのブログに取り上げられました!

平田代表ありがとうございます!

アマゾンでも購入できます!全国の主要書店にて絶賛発売中です!

ヘアナビブログP.jpg
posted by M1PO  at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
美容業界専門の広告プランニング会社潟Gム・ワン プランニングオフィスの社員のBlogです。
日々のサロンブランディング活動の日記を綴っています。
http://www.m1po.com

M1POオフィシャルブログ 大阪 美容業界専門広告プランニング会社 〜サロンブランディングを通じてオンリーワンの価値を創造する会社〜

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。